寺院仏具 仏像の修理 洗浄 泡職人
メイクリーン HOME 仏具 泡洗浄 修理 施工例 仏具の洗浄 修理 費用 メイクリーン 特許 メイクリーン 会社概要 サイトマップ お問い合わせ
   
施行実績集

初めての方へ
寺院施行例(泡職人)
最近の寺院 作業

情報
メイクリーンの技術

マスコミ実績
プライバシーポリシー

問い合わせ メイクリーン(泡職人)
寺院での感謝状
仏壇洗浄 修理 社長のブログ

メイクリーン 復興支援

 





 







メイクリーンの技術

 

◆可逆性の仏具接着剤

文化財保存方法は現状保存を第一としていますから、補修部分の接着剤は後から修正可能で

希望する時に剥がしやすい接着剤を採用します。

つまり、補修部分の接着剤は将来、文化財保存に対してもっといい接着剤ができ

前の接着剤を置き換えることができることを期待して、文化財に影響のない溶媒で除去できることが

接着剤でなければなりません。

現在、文化財保存手法はこの経験から酢ビなどの合成接着剤を採用することは無くなり、

膠やでんぷん糊は虫菌害に侵されやすい欠点がありますが、お湯などで接着が剥がれやすい膠や

でんぷん糊を使用しております。

 

古い仏像などの台座などが膠やでんぷん糊が虫食いや劣化で、接着力が弱まりバラバラの状態に

なっていることが多いです。

ご住職様からそのような傷んだ台座をバラバラにならない様に締めて欲しいとの希望があります。

この場合の締めるという意味は接着剤でしっかり接着することを意味しております。

古い仏像には国の文化財の対象にならなくても、将来的には市町村の文化財対象の仏像になる

可能性があります。

そのような場合、その古い仏像の修理を作業者が文化財保存の基本理念も分からず、

強い接着力や除去できない硬化状態のエポキシやウレタンを使用して接着修理していると、

そのような接着剤を使用しているというだけで文化財対象から外されます。

そのようなことがないように、メイクリーンでは、接着はするが容易に剥がせられ跡が残らない

可逆性の仏具接着剤を使用します。


仏壇のクリーニング 修復 お洗濯
大阪株式会社メイクリーン お仏壇本舗
〒599-8114 大阪府堺市日置荘西町1-22-20
東京支店   東京都新宿区上落合1-17-12-102
Tel:072-286-6280 Fax:072-286-6281 フリーダイヤル: 0120-57-0506